This is the site of Scantox Austria - Click here to go to the Scantox Group site

細胞イメージング & 細胞解析

Cell culture models are analyzed for different parameters to characterize and quantify effects of test substances. Choose from our abundant supply of assays or let us help you to find the perfect solution for your screening assay using a customized Cellular Imaging and Analysis assay provided by Scantox.

  • MTT
  • Calcein-AM
  • LDH
  • Necrosis (Propidium iodide)
  • Apoptosis (YOPRO, Caspase-3 activity, Mitochondria related assays)
  • Abeta1-38, Abeta1-40, Abeta1-42, sAPP-alpha, sAPP-beta
  • Tau and phospho Tau profile
  • Signal transduction molecules
  • Inflammation markers (e.g. Prostaglandin E2)
  • Cytokine Profile
  • Neuronal markers (beta-III tubulin, neurofilament, MAP2, tyrosine hydroxylase)‏
  • Glial markers (GFAP, CD11b)‏
  • Disease related markers (Tau, phosphorylated Tau, signaling molecules, synuclein)‏
  • Synaptic proteins (synaptophysin)
  • Synaptic proteins (glutamate receptor 1, NMDA receptors, synaptophysin, drebrin) e.g. from matured hippocampal neurons
  • Tau and phospho-Tau isoforms
  • Abeta peptide profile, Abeta aggregation assays
  • Cell signaling molecules
  • TDP43
  • Synuclein
  • Area or object measurements (e.g. neurodegeneration of TH neurons, see also Histology)‏
  • Number of neurites, total length of neurites, length of longest neurite (e.g. Neurite Outgrowth)
  • BrdU positive neurons (e.g. Neurogenesis)

Newsletter

株式会社安評センター (BioSafety Research Center)までメール でお問い合わせの上、 Scantoxとの試験についてご相談ください。

株式会社安評センターへのお問い合わせ

バイオマーカー

Santox Neuro は、遺伝子改変疾患モデルの生成、特性化、維持、およびそれらモデルの薬品試験プロジェクトへの適用において、20 年以上の豊富な経験を有しています。
もっと詳しく知る

組織学サービス

Scantox は、組織サンプルの採取から、実験手順および実験結果すべてを含む研究レポートの納品に至るまで、様々な組織学サービスを提供しております。 当社のアプローチは、お客様特有のニーズに合わせてどのようなサービスもカスタマイズできる、一連の手順構築ブロックに基づいています。 当社のワークフローにおいて、どこでも開始点または終了点として選んでいただくことができます。
もっと詳しく知る

バイオマーカー

Scantox は、様々な疾病の解析に対応する幅広い範囲の分子生物学的解析方法を提供しております。 ユニットは QPS Neuropharmacology で行われる in vitro および in vivo 研究に対応していますが、外部の前臨床試験や臨床試験からの通常のサンプル解析も同じ手法で行われています。in vitro および in vivo の前臨床サンプル、および臨床サンプルにおいて同じ解析方法を用いることにより、研究プロジェクトのトランスレーション的価値が高まります。
もっと詳しく知る